• 目黒峰人講演会

    Animal Liberation

    【昼の部】

    『 イルカと日本人の物語 』

     

    【夜の部】

    『人と動物の未来を変える 「アニマリズム」とは』

     

    【日時】

    3月21日(日)

    昼の部 13:00〜15:00

    夜の部 19:00〜21:00

    懇親会 21:00〜

     

    【場所】

    HIKARISHOKUDO

     

    【料金】

    昼の部、夜の部ともに1000円(両方参加される必要はありません)

    夜の部懇親会2000円(食事代/希望者のみ)

     

    【お申込み方法】

    ■ 会場に来場される方

     HIKARI SHOKUDOまで、電子メールまたは電話でお申し込みください。

     E-mail:info@hikarishokudo.com

    TEL:0287-79-9051

    ※料金は当日お支払いください。

     

    ■ オンラインでご覧になる方

     以下のリンクからお申し込みください。

     

    【昼の部】

    https://irukatonihonjin.peatix.com/

     

    【夜の部】

    https://animalism.peatix.com/

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    【昼の部スケジュール】

    13:00-14:10 イルカと日本人の物語

    14:10-14:40 HIKARI SHOKUDOのオーナー 薄井国能と対談

    14:40-14:55 質問

    14:55-15:00 告知

     

    【夜の部スケジュール】

    19:00-20:40 人と動物の未来を変える 「アニマリズム」とは

    20:40- 質問

    21:00- 懇親会

     

    【昼の部講演内容】

    日本で行われているイルカ漁。

    世界的に有名です。

    しかし、当の日本人は何が起こっているか知らされていません。

    イルカ漁とは? イルカ漁の手順は? 水族館との関係? 私たちはどうすればいいの?

    イルカ追い込み漁が行われている、和歌山県太地町で実際に調査を行なっている目黒氏が、イルカ漁の全体像を詳しくお話しします。

     

    【夜の部講演内容】

    「アニマリズム」は、「動物を解放した社会」を作るための考え方・指針です。

    これまで人類は、ヒューマニズムに基づき社会を作ってきました。

    ヒューマニズムは、人類の精神的、社会的進化を促しました。

    しかし一方、人間中心主義は、地球を壊し、他生物を破壊し続け、人類自身の基盤をも危機に陥れています。

     

    現状を解決するための様々なアイデアが提示されていますが、どうにも解決しそうもありません。

    わたしたち人類のあり方に、根本的なシフトが求められています。

     

    それがアニマリズム。

    アニマリズムを実践する人々のことを、アニマリストと呼びます。

    ここでのアニマルとは、人間も含めた動物全体のこと。

    特に痛みがあるとすでにわかっている動物は、すぐにでも倫理の対象にする必要があります。

    人類から動物を解放し、自由と尊厳と権利を認め、社会に包摂することによって動物を守ります。

    人類が人類の弱者を守るために使ってきた方法です。

     

    アニマリズムは、個人のライフスタイル(ヴィーガニズム/ヴィーガン)と共に、その個人が集まった社会のあり方を包み込んでいます。

    ヴィーガンが大多数になった社会では、ヴィーガンという言葉は消えるでしょう。

     

    では、そのときの社会はどのようなものなのでしょう。

    動物と人類はどのような形での共存が可能なのでしょう。

    立法、行政、司法、経済、産業、教育、文化等。

    これは多くの人がこの考え方に可能性を見出し、それぞれの分野で一歩を踏み出し、考え、アイデアを出し、試し、改善していくものです。

    その基盤となる考えがアニマリズムです。

     

    もし、精神的に高度に進化した存在があったとしましょう。

    その存在達は、罪もない動物を殺して食べるでしょうか。

     

    知識やテクノロジーの進化は早い、しかし一方個人の知性や精神性の進化は遅々としています。

    言葉なき動物に意識を向け、理解し、配慮し、尊重する社会をつくることは、人間の社会的・精神的進化に必ず通ることになる道です。

     

    そのようにして作られた社会は、どのような社会になるか想像してみてください。

    未来を変えたい方々、社会を変えていくための、その基本となる考え方を一緒に学びましょう。

    ______________

     

    オンラインでご覧になる方は事前にZoomをご用意ください。

      スマホ:『Zoom Cloud Meeting』検索→ダウンロード

      PC:https://zoom-japan.net/manual/pc/zoom-pc-app/

     設定によっては、聞こえないことがあります。

     設定方法は検索するとヒットしますのでご参考にしてください。

  • 講師プロフィール

    動物解放活動家/アニマリスト/ヴィーガン

    MME/政治団体 アニマリズム党代表/NPO法人 動物解放団体リブ代表

     

    地球を壊し、動物を搾取・利用するヒューマニズム(人間至上主義)社会に危機感を抱き、動物解放とアニマリズムに基づく社会の実現を目指す。

    講演会、執筆、動物園水族館・イルカ漁・畜産などの現場での調査を行う。

     

    2015年 ヴィーガンに

    2016年 動物解放活動を開始

    2017年 動物の解放をミッションとする団体を設立

    2018年 クラウドファンディングを成功させ

        「日本一周!動物園水族館調査」を行う

    2019年 団体をNPOに移行、

        NPO法人 動物解放団体リブとする

    2020年 『動物園水族館閉鎖』を出版

        政治団体アニマリズム党を設立

すべての投稿
×